RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ほんりゅ〜 3月20日
個人的に急に忙しくなって…、やっと釣りに行ける時間がこの日の午後だけ作れたのだ!

某プロショップで買い物ついでにこの時期の釣り方をしっかり教えていただいたので…本当は逆で教えて欲しいために買い物に行ったんですけどね…試しにと本流に〜

今までやったことの無い流し方。
ロッドに感じる流れのテンションを取るのがしっくりこない。
何回かに一回だけど、テンションを感じつつ流せるようになった。

で、





釣れちゃいました。
本流イワナ35cm。
小ぶりだけど、何か掴んだなって感じ。

場所を変えて、



尺に満たないおチビさん。
でも、釣れたのではなく、釣った。

本流…面白い!
author:OZ-aki, category:-, 12:45
comments(2), -, pookmark
奥飛騨温泉流入河川2 3月7日
今シーズンは終わってるのかな〜?
ハッチはほぼ無いし〜
土日のプレッシャーでお魚さんたちは白泡の下に潜って、ニンフ送り込まないと食ってくれないし〜

ルースニングでニジマス2匹…
劇渋でした。
もう、行かないかも…
author:OZ-aki, category:-, 12:40
comments(0), -, pookmark
奥飛騨温泉流入河川 3月初旬
今年は成魚放流してないそうだ。
で、餌釣り師さんは激減。



まあ、それでもハッチがあれば楽しめれる川だからと某区間から入渓もわかるだけで3組目…て、ハッチはほとんど無く、ニンフで



何とか、イワナ1ヤマメ1。

午後からは午前中の溜まったストレス発散の為、お助けポイントへ。

ヤマメ3ニジマス13ウグイ1、と遊ばしてもらったのだ〜(スマホバッテリー切れの為画像無しm(__)m)

ニンフだけで1日結構遊べたんだけど、やっぱこの川はライズがないとね〜満足できないな。
次回に期待なのだ。
author:OZ-aki, category:-, 00:39
comments(0), -, pookmark
九頭龍〜 2月某日
久しぶりに九頭龍川に行ってきたのだ。
しかもこの真冬に車中泊で…

1日目は寝坊で到着は午後。
勿論、なーんにも無し。
もう慣れたのだ!



車中で一人宴会。

2日目。

勉強になった1日だった。
70歳手前の超ベテランフライマンさんと知り合って、色々とお話を聞けた1日になったのだ。
本当に為になった〜

で、釣果はと言うと…
釣れたよ!












ニゴイですけど何か?

まぁ、月1のペースで九頭龍には行こうかと思ってます。


本当は今シーズンも行かないつもりでいたんですけどね。
ロシアのコッピ川に行くつもりでいたんですね、日本でサクラマスを釣れないんで。
情勢不安の為、中止になったという連絡が入って…
で、今シーズンは九頭龍川に通いまーす。
author:OZ-aki, category:-, 23:30
comments(0), -, pookmark
小樽港より
いや〜早かった、一週間なんてあっという間だ。

妻の事も無事済んだし、釣果もそこそこいい感じだったし、会いたい人にはすべて会えたし、新たな出会いもあったし…ンー帰りたくないなぁ、繁忙期を迎えた仕事が待ってるんだなぁ。

本当意義のある一週間だった。
リフレッシュは出来たね!

釣行記は後日、UPするかも?
author:OZ-aki, category:-, 09:36
comments(0), -, pookmark
ワイルドレインボー
この旅で唯一この日だけが移動のない、釣りを満喫できる日に充てた。
知らない土地での釣りは時間のロスが多い。
で、生まれて初めてフィッシングガイドさんを雇って釣りをしたのだ。

ガイドの外山さんと屈斜路湖は雄琴半島で待ち合わせ。
「大きなエゾイワナが釣りたい」と希望をしてのガイドフィッシングだ。
最初に「7月に入ると流石にアメマスは難しいかもしれません。」
と言われたけど、
「できるだけ希望に添える場所にご案内します。」
快く返事を頂いた。
この後は殿様気分の釣りとなった。
助手席に乗って、北海道ならではの景色を眺めお話をしていると車が止まり、「ここでやりましょう。」と。

道東は釧路川支流。

いかにもと言うポイント。
大きいのが居そうだ。
ドライ、ニンフと攻めて何にもないと「次に移りましょう。」とガイドの外山さん。

次もいかにもと言うポイント。

そう自分の希望に応える為に大場所だけを転々と移動する作戦なのであった。
そして、4箇所目。



ん〜たまりません。
流石はガイドさん。
なかなかこういう写真は撮ってもらえません。

寄せては走られを何回繰り返しただろうか?
それでも何とかキャッチ!
外山さんにランディングして頂いた。




この画像だけは自分が撮ったものです。






飛騨でもこのクラスの虹鱒は何本も釣っているけどこれだけ厳つい魚は初めて!
ワイルドレインボー、流石は北海道なのだ!

この後も数箇所竿を出すが不発。
最後は小渓流で



将来のサクラマス・アメマス君たちと遊ばしてもらって、エンド。

外山さん、思い出に残るこの一日をありがとうございました。
ほんと、楽しかったです!


 
author:OZ-aki, category:-, 20:06
comments(0), -, pookmark
地の果て(=シリエトク:アイヌ語)の小渓流をちょっとだけ
初めて?と言っても過言じゃない。
知床観光を楽しんでいたら、陽も暮れ始めてしまった。
夕食はバイトをしていた時の店長宅でBBQをよばれる事になっているので、一時間ほどだけ竿を出すことにした

昨日、ガッカリしたことがあったのだ。
妻が好きな川があったのだ。
オショロコマが泳ぎ、カラフトマスや鮭が産卵にやってくる、良い川だった。
行って見たら、



河川公園という名の下にコンクリート三面護岸・・・
知床観光の中心地を流れる川だ。
ある意味仕方ないのもわかる。
でも、もっとマシなやり方があったのでは?



此の子が「そんなこともあるさ。」と河川公園の山際でちょっとだけ慰めてくれた。

で、他の川・・・20年前によく釣りに行った渓にしたのだ。


潮騒が聞こえる。
100mも下れば海だ。



しっかりと釣れた。
主点の綺麗なオショロコマだ。



又釣れた。



もう入れ食いだった。
一時間ほどで20匹は釣れただろうか。
この地の果ての小渓流は健在であった。
嬉しかった、ほっとした。
アメマスが釣れなくて良かった。
温暖化でオショロコマの住処がアメマスに脅かされているのではと少しだけ危惧していたのだ。
時間が取れれば知床半島の付け根から順に川を釣って、アメマスがどこまで釣れるか探ってみたいのだ。
20年前と今と、、、
「ホント瀬戸際なんだよ、オショロコマ君。」
熊さん時間に突入したのと待ち合わせの時間になったので、能竿。

店長宅でBBQ〜。
朝獲れのホタテとラム肉、美味かった。
そして、ある釣り人も呼んでいてくれていたのだ。
今は・・・と言うか後も話せないかもしれないけど、とある魚を餌釣りで釣っている地元では有名な人なのであった。
面白かった、実に。
オリンピックみたいなもので、毎年狙えると言う魚ではないらしい。
けど、釣ってみたい。
面白い人と合わせて頂けた。

店長、色々とお世話になりました。
ありがとうございました!



 
author:OZ-aki, category:-, 16:34
comments(0), -, pookmark
ー知床五湖にてー20年という歳月そして50年前を知る
知床五湖に向かう前にオロンコ岩に登ってきたのだ。





妻と見た景色。
街は賑やかになったけど、変わってなかったな。



本当に久しぶりの知床五湖
あまりの変化にびっくりだらけだった。



万里の長城みたいな木道が整備され、一湖以外はガイドさんを頼まないと回れなくなっていたり、自分がバイトしていた売店は綺麗さっぱりなくなっていて変わりに立派なレストハウスに。
全くの観光地化されたという印象。
後日、富良野で一緒にバイトしていた友人と飲んだ席で「20年前の知床の方が良かったな、あの時にバイトしていて良かった」と話し合った。

ちょっとガッカリ感を漂わせて木道を歩いていたときに関西弁のおばちゃまと知り合って、色々話をしながら歩いていたのだが20年前の知床のことを話していたら、そのお連れさんが何と知床開拓者の息子さんで50年前の知床で多感な時期を過ごされていた方だったのだ。
自分の生まれる前の知床の情景やその時の知床ならではの遊び等々お話頂いた。
20年前そして50年前...良かった、楽しい出会いだった、来てよかった。

旅は良い、妻に感謝。
 
author:OZ-aki, category:-, 13:57
comments(0), -, pookmark
初めての知床観光船
何度目の知床だろうか?
・・・びっくり、一度も観光船乗ったことなかったに気づいた。
で、乗ってきました。






オジロワシ






知床半島の先端


上手く撮れなかったけどイルカが数頭泳いでます。


ヒグマを探せ・・・


わかったかな?
オジロワシもヒグマも実は始めて見たのだ、感激。

知床観光船、お高いけど小型船がお勧めです。
大型船では近づけない場所まで入れて、ダイナミックな景色が堪能できます。


 
author:OZ-aki, category:-, 11:01
comments(0), -, pookmark
思い出の地








author:OZ-aki, category:-, 19:27
comments(0), -, pookmark