RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ヤマトイワナを求めて
遥か西からメ@ルで催促がきた。
「ヤマトイワナ釣って来い。」と。
で、釣友二人に聞いたところどちらも木曾を進められた。
でも、やっぱり高山にこだわりたいのであった。
高山の太平洋側で釣りたいのであった。
で、益田川上流漁協区内でそれらしいところをあたってきた。

ヤマトイワナ、ニッコウイワナについては友人のサイト「*THE EDGE OF THE WORLD*」のこちらを読んで頂きたい。

今日は全部でイワナ約20匹(13匹までは数えたけど)で画像は70枚以上撮ったのでその内の何点かを掲載する。
自分にはどこからがヤマトイワナでどこまでがニッコウイワナはっきりとは区別できないので判断はカイヲ君にお任せします。
ただ、「100%ヤマトイワナだ」というイワナは釣れなかったのは間違いがない。



素晴らしく良い渓で、ひらきにほぼ間違いなくイワナが入っていて、釣れすぎるもので予定の半分の行程しか釣り上がる事ができなかった。




この滝で納竿。
標高1000m〜1100m程の7kmの区間を6時間もかけて釣りしてしまった。
この滝より上がプチ本命でそこからかなり上流の堰堤上が本命だったので又今度仕事が休みのときに調査してみたいと思っている。


使用フライ
ドライ&ニンフのトレーラーシステム(馬鹿の一つ覚え)
エルクヘアーカディス#10(三匹くらいはこいつで釣った。)
ゴールドビーズシミュレイター#16(殆どはこのフライの釣果)
ヒラタニンフ#14(上のフライが無くなったので使用3匹だったと思う)
author:OZ-aki, category:釣行記(ヤマトイワナを求めて 2007), 23:23
comments(4), trackbacks(0), pookmark