RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ヤマトイワナを求めて 2008 機頁鬟筌泪函
最初に
イワナは住んでいる環境に合わせて保護色になる傾向があります。
白ヤマトとはヤマトイワナが白っぽい渓流で保護色になったであろうと私個人が考えているイワナです。
学術的に本当にそうなのか定かではありません。


昨年も何回か釣査した渓に

Akiraと行って来たのだ。

小さな滝を越え、

この大きな滝までを釣り上がった。

低気温?それとも凄腕餌釣師さんのお持ち帰り?
午前中は昨年と比べると遥かに出が悪かった。



午後からはそこそこフライに反応があるようになってきた。

Akiraにもそこそこ反応があったみたいだ。
しかしこの中年釣りバカ達は下手っぴなので半分近くは獲れなかった。
(言い訳ですが今日は反応がイワナとは思えないくらい早かった。渋い出方をするので合わせが追いつかなかったり、本当にシビアな釣りでした。)

今日最長にして問題のイワナが下の画像三枚。



ヤマトイワナの特徴をしっかりと満たしている。
ただ白いだけ。
アルビノと間違えるかもしれないけどここまではっきりしたのは初めてだけど結構このタイプのイワナが住んでいる渓なのだ。

今日の釣査は大満足。
次回から新規開拓を目論んでいるのだ。
author:OZ-aki, category:釣行記(ヤマトイワナを求めて 2008), 20:14
comments(2), trackbacks(0), pookmark