RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
荒川サーモンフィッシング直前なのだ。
 来週、新潟県の荒川に鮭を釣りに行ってきます。
ホームページはこちらをクリック→荒川鮭(サケ)有効利用調査委員会

日本一の水質と5km近い釣り区間が魅力で何も考えずに応募しました。
新潟県の隣は富山県、富山県の隣が岐阜県、そんなに遠くはないと考えていました。
ナビタイムで調べてみたら…。
山形県に近い新潟県でした。
412km、6時間強という数字が示されました。
東京の方が近かった。

それでもと着々と準備を進め久しぶりのブログUPとしました。

荒川はほぼ全部チューブフライで挑戦してきます。
鮭は底近くを這うように泳いでいるということですので、カッパーチューブ(銅パイプ)もしくはカッパーとプラスティックのハイブリッドチューブで巻いています。



スクイッドフライ。



ウェット風に巻いたチューブフライ。



ぐるぐるゾンカー。



普通のゾンカー。



エンリコストリーマー風。

かなり大きいなフライです。
大きいものは20cm近くあるでしょう。

そして秘密のフライの仕込みは明日からです。
最終的には秋刀魚の切り身をフライに付けて釣るかもしれません。
勿論タコベイトは持参していきます。
兎に角一匹と考えています。



高山の釣具や千びき屋さんで話していて使えそうだと思ったジグ用のアシストフック。
結構仕事してくれると思っています。

さてさて、どうなることでしょうか?
author:OZ-aki, category:釣行記(荒川サーモンフィッシング 2009), 22:47
comments(4), trackbacks(0), pookmark