RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
久しぶりにロッド振ってきました。
 何をしている訳でもないが時間だけが過ぎて行き、出発したのは正午過ぎ。

 ひるがののサービスエリアからみたスキー場です。
 もういつでもオープンできそうな雰囲気です。
 残念ながら自分は左ひざを傷め手術しているので本格的に滑走することはできません。
 でも、クロスカントリースキーを履いて雪原を散歩するのは冬の遊びの一つとしています。

 ペンション「リトルパイン」さんで半日券を購入して、魔王の棲む管理釣り場「くろや」さんに到着したのは2時過ぎ。
 この時間はそれ程寒くは無く、ダブルハンド・シューティング・シンキングラインのシステムで遊び始めました。
 一つ問題が発生。
 ティペットが6x以下しか無いのであった。
 しかたないので6xで釣り始めたが3連続ティペットをぶった切られ、号泣。
 ティペットが細いので合わせも慎重になりすぎフッキングが浅くバレばれの連発。
 やっと頭を使って、6xのティペットを二本縒って一本のティペットに見立てて釣ってみた。
 すぐに40cmクラスを釣り上げ、心の中では大騒ぎだったが、魔王の棲む「くろや」なので冷静を装ってフライを抓んで撮影もせず、魚体に触れずにリリース。
 この後がいけません。
 すでに持ち駒は全て使い果たし、虹鱒君たちはすれてしまって当分の間反応無し。
 「先の一匹撮影しておけば良かった」と後悔し始めた頃に どっか〜んの一匹。

 二時間半で二匹。
 思い立って来たには十分でしょう。

 帰路の東海北陸道は荘川清見間で温度計は−1℃を示し、本格的な冬の訪れを感じさせた。
author:OZ-aki, category:釣行記(管理釣り場), 22:25
comments(2), trackbacks(0), pookmark