RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
北の大地へ
贅沢な時間だと感じている。
新潟と小樽を結ぶ、新日本海フェリーの喫煙室でフライフィッシャー8月号を読んでいるのだ。

主たる目的は亡くなった妻の散骨なのだ。
妻の遺言にはなかったが、自分の気持ち…いや衝動と言ってもいいのか?
初めて出逢った地、知床にほんの一部だが、撒いておきたいと思ったのだ。

新潟に向かう道中、富山県を通るのだけど、涙がとめどなくこぼれ落ちた。
妻が闘病の為に病院に通ていた道だから、闘病中から亡くなるまでの思い出が次から次へと思い出されてしまった。

妻との思い出の箱が心の中にはあるのだが、その箱の中には思い出と共に涙もいっぱい詰まっているんだな。
時間と共に蓋を開けないように訓練をしてきて、今は滅多なことでは開けないように出来るようになったと思っていたのになぁ〜。

明日は妻が大好きだったチミケップ湖を経由して、一気に知床だ。
涙はこぼれ落ちたが、何か妻と旅行をしているような楽しい気分なのだ。

雑魚寝部屋でご一緒になった山師の群馬のBさんKさん、埼玉のOさんのお陰で楽しい船旅になっている。
100名山を70〜100走破している強者達で話を聞いてるだけで面白い。

やっぱり、旅はたのしいな。
author:OZ-aki, category:-, 20:08
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:08
-, -, pookmark
Comment