RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
ワイルドレインボー
この旅で唯一この日だけが移動のない、釣りを満喫できる日に充てた。
知らない土地での釣りは時間のロスが多い。
で、生まれて初めてフィッシングガイドさんを雇って釣りをしたのだ。

ガイドの外山さんと屈斜路湖は雄琴半島で待ち合わせ。
「大きなエゾイワナが釣りたい」と希望をしてのガイドフィッシングだ。
最初に「7月に入ると流石にアメマスは難しいかもしれません。」
と言われたけど、
「できるだけ希望に添える場所にご案内します。」
快く返事を頂いた。
この後は殿様気分の釣りとなった。
助手席に乗って、北海道ならではの景色を眺めお話をしていると車が止まり、「ここでやりましょう。」と。

道東は釧路川支流。

いかにもと言うポイント。
大きいのが居そうだ。
ドライ、ニンフと攻めて何にもないと「次に移りましょう。」とガイドの外山さん。

次もいかにもと言うポイント。

そう自分の希望に応える為に大場所だけを転々と移動する作戦なのであった。
そして、4箇所目。



ん〜たまりません。
流石はガイドさん。
なかなかこういう写真は撮ってもらえません。

寄せては走られを何回繰り返しただろうか?
それでも何とかキャッチ!
外山さんにランディングして頂いた。




この画像だけは自分が撮ったものです。






飛騨でもこのクラスの虹鱒は何本も釣っているけどこれだけ厳つい魚は初めて!
ワイルドレインボー、流石は北海道なのだ!

この後も数箇所竿を出すが不発。
最後は小渓流で



将来のサクラマス・アメマス君たちと遊ばしてもらって、エンド。

外山さん、思い出に残るこの一日をありがとうございました。
ほんと、楽しかったです!


 
author:OZ-aki, category:-, 20:06
comments(0), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 20:06
-, -, pookmark
Comment